essense coffee cold brew
 
cold brew

 
 

COLD BREW

水出しコーヒーについて
 
 

コーヒー好きの方にぜひおすすめしたいのが「水出しコーヒー」です。通常の淹れ方よりも酸性度が低いため、より味を楽しむことができるだけでなく、胃にも優しいのです。
 
水出しコーヒーの淹れ方は主に浸漬法(フル・イマージョンとも)とコールドドリップの2種類あります。実はコールドドリップの方が滑らかで、バランスの取れた味のコーヒーを楽しむことができます。
 
基本的に、浸漬法は挽いたコーヒーを最長24時間浸す作業があります。その過程でできる灰汁がザラザラした感触を生むことが多くあります。
逆に、コールドドリップの場合は、挽いたコーヒー豆に冷たい水をゆっくり通すことでコーヒーを抽出します。
 
コールドドリップの方が時間がかからず、より抽出しやすく、より洗練された味のコーヒーが出来上がります。

コールドドリップ製法で淹れたコーヒーは甘みのあるフルボディです。スッキリした味やはっきりした香りを楽しむことができ、他の製法と比べ、抽出のしすぎや苦味を避けられる方法です。
 
また、コーヒーのオイル分が出にくいので、淹れた後も冷蔵庫で1週間と長持ちします。どうでしょう?水出しコーヒーを大切な人と飲みたくなりませんか?
 
EssenseのBRRREWERを使えば、簡単に水出しコーヒーを楽しめます。周りより一足先に体験してみてください!

 
 

必要なものは
あなた好みのブレンドコーヒー
コールドドリップメーカー

 
 

コールドドリップコーヒーを淹れる方法

STEP1
カップの底にフィルター(1)をセットし、コーヒー粉を入れます。私たちのGROUNDtoENJOYを使えば入れる量や豆の挽き具合の心配は要りません。水出し用のGROUNDtoENJOYなら最適なコーヒーのために全て計算されています。袋を開けてカップに入れるだけでOKです。コーヒーを少し馴らして、上の※フィルター(2)をセットしましょう。
※ヒント:上のフィルターは、一度全体を濡らしてからセットするとより満遍なく浸透します

STEP 2
ウォータータンクの印まで水を入れます(約450ml)。お好みで氷も追加するのもおすすめです。

STEP 3
カラフェの上にコーヒーのフィルターホルダーを設置し、本体の木のベース部分にカラフェをセットします。ウォータータンクが一番に上になるようにします。最後に、ウォータータンクにカバーもしっかりつけましょう。

STEP 4
最初に、コーヒーカップホルダーを満たす水を一気に入れ、一度すべての水がドリップされるのを待ちます。完全に水が落ちた後に、ドリップ速度を2−3秒に1回に設定し開始します。速度は遅めの方がフルボディな味わいになります。

STEP 5
コーヒーが抽出されるまでのんびり待ちましょう。4-6時間かかるので焦らずに。*ドリップの速度は水圧が落ちるにつれて自然と遅くなるので途中で調整してもいいでしょう。

STEP 6
ウォータータンクの水がなくなり、ドリップしなくなったら完成です。

STEP 7
水出しコーヒーの楽しみ方は色々です。例えば、そのままでも良いですし、氷を足しても良いでしょう。お湯を足せば、水出しの良いところどりをしたホットコーヒーも楽しめます。牛乳を加えたり、カクテルにしてみたりと可能性は無限大です。サイフォンを使えば特徴的な味わいのニトロコーヒーも出来上がります。

STEP 8
では、リラックスして、美味しい水出しコーヒーを味わってください!

 
 

 
ニュースレターを購読する
そしてコーヒータイムを
お楽しみ下さい